[5]学費が気になります。

大学・短大・専門学校で差があります。学びたい内容と家庭の経済状況が選択のポイントです。

自分の目標・目的と、家庭の経済状況と
照らし合わせて選ぶことが大切です。

ちなみに大学、短大、専門学校ともに
奨学金制度が利用できます。
これは学費や生活費を給付、貸与するもので、
多くの学生が利用しています。

福祉法人立の学校だから学費の負担軽減を目指しています。

学費

※詳細はホームページをご覧ください。

学費

※1 2015年度 大学:私立48校平均/短大:私立30校平均(大阪/京都/滋賀/奈良/兵庫)