[2]子どもと関わる仕事ってどんな事するの?

就職先は保育所や幼稚園、児童福祉施設などがあります。

保育所は「児童福祉法」に定められた「児童福祉施設」で、
0歳から小学校に上がるまでの子どもの健やかな育成を目的とし、
親とともに心身の成長、発達をサポートします。
幼稚園は「学校教育法」に定められた「学校」で、
3歳から小学校までの子どもに対し義務教育の前の段階として、
学校生活への準備となる幼児教育を行います。
また、保育所と幼稚園の機能を合わせ持つ子ども園も
最近では増えてきています。
乳児院や児童養護施設では、子どもが健やかに育つように、
成長に合わせた生活習慣が身につくよう世話をしたり、
親と離れて暮らす子どもの不安な気持ちを理解し、支えます。

保育所・幼稚園だけではなく、児童福祉施設の保育士・指導員になるためのコースをそろえています。

全ての学科コースで保育士免許が取得可能!・児童福祉科 3年・保育科 2年